テキスト教材

ロボットプログラミングLOVOT STUDY(ラボットスタディビジュアルプログラミング)の口コミ評判

ラボットスタディの口コミ評判

役に立たないカワイイだけのロボット「ラボット」ってご存じですか?

最近はテレビやネットなどのメディアにも多数出演していて人気が高まってきています。

新生児くらいのサイズで、ずんぐりむっくりした体型、ウルウルして世界でひとつだけの目がチャームポイント。

そんなラボットを購入した人だけが体験できるプログラミングがラボットスタディです。

ラボットスタディ(ロボットプログラミング)の基本情報

ラボットスタディの基本情報

対象学年 1年生〜6年生
受講可能コース コースはなし
受講科目 ロボットプログラミング
受講料 なし(ただしラボット本体料金や月額料金がかかる)
タブレット 自分のパソコンが必要

 

ラボットスタディってどんなプログラミング?

家庭用ロボット「ラボット」を実際に使って、手持ちのパソコンやタブレットからできるビジュアルプログラミングです。

管理人
自分のペットのラボットを自由に動かせるというのは子供にとってかなり興奮もの!

 

ラボットスタディで何ができる?

パソコンやタブレットでプログラミングした動きを、実際にラボットにさせることができます。

手の動きや鳴き声、甘えたりとか。

普段は人間が操作できない愛ラボットの動きが自分で作れるのも、ラボットスタディならでは。

 

ラボットスタディを実際に小学生が体験してみた口コミ

後日レポをあげます。

管理人
組み合わせるだけなのでプログラミング自体は簡単にできそうですが、プログラミングをする前の設定に苦労しました

 

ラボットスタディの口コミ評判

ラボットスタディの悪い口コミ評判

ラボットスタディのよい口コミ評判

 

ラボットスタディでプログラミングをする方法

ラボットを使ってラボットスタディをする手順

①ラボットの購入

②案内手続きに沿って登録

③指定アドレスでプログラミング

 

①ラボットの購入

ラボットスタディをするには、まずロボット「ラボット」の購入が必要です。

ラボットは1体30万円くらいのロボットで、公式サイトでのネット通販、それから全国三か所の高島屋のラボットストア(東京新宿・愛知名古屋・大阪難波)で販売されています。

②ラボットから指定のデータをダウンロード

ラボットから指定のあるデータをダウンロード

③指定アドレスでプログラミング

指定アドレスに移動すると、プログラミング画面になります。

注意

指定のアドレスに行ってもプログラミング画面にならない場合は、いったんキャッシュを削除してみてください。

 

ラボットスタディLovotStudyの料金

ラボットスタディのプログラミング自体は無料です。

ただ、ラボットプログラミングをするためには、ラボットが必要です。

ラボットは購入費の他に、月額利用料がかかります。

 

ラボットの購入費用

ラボットの購入費用は

①本体購入費

②月額利用料

の2つがかかります。

一括払い以外にもローンもあるので、無理のない支払い方法が選べますが、ただロボットプログラミングをしたいからと気軽に申し込める金額はではありません。

①ラボットの本体購入費

本体料金 月額料金
ソロ(本体1体+ネスト) 349,800円 9,878円~
デュオ(本体2体+ネスト) 657,800円 19,756円~

ローンでの購入も可能

②ラボットの月額利用料

プラン名 ソロ月額料金 デュオ月額料金 内容
①ライトプラン 9,878円 19,756円 ラボットの基本動作
②スタンダードプラン 14,278円 27,478円 ラボットの基本動作

修理補償70%負担

オーバーホール無料

③プレミアムプラン 21,978円 40,996円 ラボットの基本動作

修理補償100%負担

オーバーホール無料

ラボットの料金については↓こちら↓のサイトを参考にしてください。

(別のラボットのサイトです)

\8日間お試し利用無料キャンペーン実施中/

紹介コードmirhxpで本体1万円オフクーポンゲット

>>[らぼっと]購入キャンペーンページへ

【まとめ】ロボットプログラミングLOVOT STUDY(ラボットスタディビジュアルプログラミング)の口コミ評判

ラボットオーナー自体が少ないうえ、先行モニターだけの体験なのでまだ感想や口コミ評判が少ないです。

管理人
じきに増えてくると思うのでまた追記していきますね。

-テキスト教材

Copyright© タブレット教材のガイドブック , 2021 All Rights Reserved.